新婚生活

《新婚生活が寂しい》忙しい夫と楽しく暮らす方法と気を付けたいポイント

新婚生活が寂しい、忙しい夫と仲良く暮らすコツ
かお
かお
こんにちは!かお(@KAOKAOLOG)です。

結婚したら、毎日ラブラブで幸せいっぱいな生活が待ってるんだろうなぁ~

と思っていた人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際は理想と現実にはギャップがあるもので。

新妻①
新妻①
夫の帰りが遅くて寂しい…
新妻②
新妻②
疲れきっていて会話も少ない…

なんて、実際は、忙しい夫との新婚生活で寂しい気持ちになることが多いのではないでしょうか?

かお
かお
新婚生活なのに、わたしも寂しい気持ちになることが何度もありました。

でも、寂しい気持ちのまま新婚生活を送るなんて、悲しいことですよね。

結婚したからには、毎日楽しくて幸せを感じられる日々を過ごしたいものです!

そこで今回は、忙しい夫を持つ妻であるわたしの経験から、

  • 新婚生活が寂しいと感じてしまう原因
  • 寂しい新婚生活を楽しくする方法
  • 忙しい夫との新婚生活で気を付けたいポイント

をご紹介していきます。

かお
かお
新婚生活での寂しい気持ちを拭うコツをご紹介していきますよ~!

楽しい新婚生活を送れるように、自分の考え方と生活を変えて一緒に頑張っていきましょう!

さて、結婚する前は大好きな人と結婚するのだから幸せな生活に決まっている!と思っていた人もいるでしょう。

でも、結婚してみると、誰しも多かれ少なかれ、思っていた新婚生活と違う”と感じているはずです。

その中でも、忙しい夫を持つ妻が寂しいと感じているのは、

  • 夫の帰りが遅く、一緒にいる時間が圧倒的に少ない
  • 夫が疲れ切っていて、会話やスキンシップが少ない
  • 夫が休日出勤で、ゆっくり一緒に過ごせない

といった原因があげられると思います。

そんな新婚生活で妻が寂しいと感じてしまうのには、「夫が仕事で忙しい」というのが前提。

でも、実は、妻の中にある考え方にも少し原因があると知っていましたか?

最初は、新婚生活で妻が寂しいと感じる原因を3つお話していきます。

かお
かお
原因を知ると新婚生活への考え方が少し変わってきますよ!

原因①結婚すれば寂しい思いは軽減すると思っていたから

きっと、新婚生活でも忙しい男性は、結婚する前も忙しかったはず。

でも、結婚するにあたって

「結婚したら一緒に住むし…きっと今よりも寂しい気持ちにはならないだろう」

と思ったことはありませんか?

しかし、結婚すると男性は、家族を養うために独身の時よりも一生懸命仕事に励んでいきます。

つまり

「一緒に暮らすから寂しくないはず」と期待して結婚する

より忙しくなる夫に対して寂しくなる

という状況になるんですよね。夫は家族のために頑張っているのに。

新婚なのに何でこんなに寂しいのって。

結婚前から「彼とはすれ違うだろうな」と思って結婚していたら、思った通りだなと思えるかもしれません。

だけど、少しでも長く一緒に居られると期待して結婚したら、なんでこんなに一緒にいられないの!って気持ちになってしまうのも、仕方がないと思うんです。

わたしは遠距離恋愛を7年間していました。

だから、結婚したら寂しくなるはずないって思ってたんです。だって、距離はずっと近いから。

ところがどっこい、「新婚生活なのになんでこんなに寂しいの?」という気持ちが膨れあがってしまったんです。

人は欲張りになるもので、もっともっとと考えてしまうんですよね…。だから、期待してたら余計に悪い方向へと向かってしまうんです。

「一緒に住んだら寂しい気持ちが軽減する」と期待しすぎは厳禁。

原因②新婚生活はラブラブな生活だと思っているから

「一緒に住んだら寂しい気持ちが軽減するはず」と期待をしてしまう以外にも、

大好きな人と結婚をするのだもの、きっとラブラブで幸せな生活が待ってる!」

と結婚する前に思い浮かべていませんでしたか?

かお
かお
わたしは思い浮かべてました!

しかし、実際の忙しい夫との新婚生活は

  • 夫は毎日くたくたよれよれになって帰ってくる
  • 仕事で夫が疲れすぎて、ご飯を食べたらすぐ就寝
  • 会話をしたくても、疲れすぎて可哀想

ということで、我慢ばかりを強いられることもあるのではないでしょうか。

となると、思い描いていた新婚生活とは違いすぎて、寂しくなってしまうものです。

かお
かお
最初の数か月は新婚生活に対して悲観的で、よく泣いていました。

しかし、新婚だから特別視をしてしまいがちですが、結婚生活は幸せな毎日だけ、では成り立たないんですよね。

良いことも悪いこともあるのが結婚生活です。

疲れすぎてくたくたになって会話をするのが難しい日も、疲れすぎて寝てしまう日も…

生きているのだもの、あって仕方がないんです。

だって、夫は毎日、外で一生懸命、働いてくれているんですから。

必ずしも、「新婚生活がラブラブな生活じゃないといけない」なんてことはありません。

むしろ、非日常的なラブラブ生活は毎日じゃなくても、十分幸せなものなんです。

わたしは「新婚生活はいつもラブラブ」という価値観を捨て去ることも、時に必要なことだと思うようになりました。

時々、余裕があるときに「ラブラブな生活」があれば十分なんですよね。

新婚生活はいつもラブラブである必要なし。
時々ラブラブでも十分幸せなはず。

原因③新婚生活は一緒にいるのが当たり前と思っているから

他にも、新婚生活が始まり、夫婦となったとき、「夫婦は一緒にいるのが当たり前」の感覚を抱くのではないでしょうか。

どこの新婚夫婦も当たり前のように一緒に過ごして、空いた時間も、休みの日も常に一緒だって。

だけど、「新婚夫婦が一緒にいるのが当たり前」と思ってしまうのがNGなんです。

なぜなら、自分の現状に寂しい気持ちを抱いたり、夫に対して不満を漏らしてしまう原因となるから。

だって、自分の現状が”その当たり前じゃない“んですもの。

忙しい夫を持つと

  • そもそも休日なんてほとんどない
  • 周りの新婚さんのように旅行にも行けない
  • 出かけても、仕事の電話で呼び出されることがある

なんてことがざらにあるはず。

かお
かお
うちも、夫が約3か月間、1日フリーの休みがなくてどうしたものかと頭を抱えることがありました。

ちなみに、わたしたち、新婚旅行すら行けていません。(夫の学会について行ったことが1回あるだけ)。

そんな自分の家庭と、周りのご夫婦を比べてしまうと、まあびっくり、非常に隣の芝は青く見えるんですよね。

でも、周りと比較しても同じ新婚生活なんてありません

忙しい夫との新婚生活では、自分のおかれた状況で、どうやって新婚生活を楽しんでいくかを探すことが大事でした。

夫婦は常に一緒にいるのが当たり前ではない。
別々の生活でも楽しむことが大事。
周りと比較してはダメ。

「寂しい新婚生活」から「楽しい生活」に変える方法

さて、新婚生活を寂しいと感じる原因についてお話しましたが、少しは考え方が変わりそうですか?

いや、まだまだ不十分ですよね。

少しだけ考え方を変えるだけでは、寂しい新婚生活は楽しくはなりません。

続いてはわたしが、忙しい夫との寂しい新婚生活を「新婚生活って楽しいな~!」と思えるようになった方法についてご紹介していきます。

かお
かお
少しでも多くの新婚さんが楽しい新婚生活を送れますように…!

寂しい新婚生活改革①マッサージの時間を設けてみる

かお
かお
夫となかなか話す時間がない、スキンシップが取れない…

と嘆いている方はいませんか?

そんな方にオススメなのが「マッサージの時間を設けてみる」ということです。

わたしは毎日、夫のマッサージを寝る前に1時間以上、多いときには2時間ほどしています。

実は、そんなマッサージの時間を設けたことで、夫とのスキンシップと会話が増えました。

とはいえ、ただ単に軽~いマッサージをするのであれば、夫は爆睡してしまいます。

しかし、指圧マッサージをするようになってから、夫が痛みで目が覚めますように。

つまり、マッサージ時間はわたしとの会話に集中してくれるようになりました。

マッサージは忙しい夫の疲れをとるためでもあるけれど、わたしの場合 はマッサージの時間が寂しい気持ちを聞いてもらえる時間になったんです!

マッサージをずっと手でし続けるのが辛い方は、ツボ押しグッズがオススメです。

わたしも長時間するのが辛いので、ツボ押しグッズに助けられてます。

寂しい新婚生活改革②夫に対して愛情を尽くす

忙しい夫との新婚生活は寂しいと感じることが多いです。

愛情表現が少なくなったなぁなんて思ってしまう人もいませんか?

下世話な話になりますが…正直、夫が疲れすぎて寝てしまうから、夫婦生活も少なくなりがちですよね。

わたしも、本当にわたしのこと愛してくれているの?と不安になって涙を流すこともありました。

かお
かお
だって、新婚なんだもの!!!

でも、だからと言って、夫に対して怒っても、喚いても、意味がありません。

むしろ、夫を責める言葉は夫にプレッシャーを与えてしまいます。

それだけではなく、徐々に夫だけではなく、自分自身も追い詰めていきます。

疲れすぎて身体が追い付かないだけなのにどうして理解してくれないんだ…と、彼の愛情が薄れてしまう可能性だってあります。

だから、夫からの愛情が欲しいなら、自分から愛情をギブすることが重要だと私は感じています。

  • 夫に対して愛情表現を素直にする
  • 疲れている身体を癒すため、マッサージをしてあげる
  • 夫の好きな料理を用意してあげる
  • 「いつもありがとう」って感謝の気持ちを伝える
  • お弁当に「お仕事お疲れ様!」のメモを入れてみる
  • 夫の悩みを親身に聞いてあげる

実は上記のことは、新婚生活当初からしてきたことです。

結婚してからずっと、夫への愛情を惜しまないように心がけています。まだまだ結婚して1年4か月しか経ってませんが…。

でも、最初からずっと愛情を夫に伝え続けてたら、夫もいくら余裕がないほど疲れていても、必ず愛情を返してくれるようになったんですよね。

毎日「好きだよ」と言ってくれていますし、ぎゅって抱きしめてくれたり、頭を撫でてくれたり、愛情を沢山くれます。

夫婦生活自体、まだまだ多いとは言えないけれど、前よりずっと努力してくれています。

夫に変わって欲しいなら、忙しい夫を労わる行動を伝えつづけることも大事だなって思いました。

愛される妻で居続けられるように、わたしも頑張っていきます!

寂しい新婚生活改革③2人の時間を工夫して見つけてみる

忙しい夫との時間を捻出するのは、難しいことが多いと思います。

でも、2人の出来る範囲内で、2人の時間を工夫して見つけてみてはいかがでしょうか。

わたしがマッサージの時間を設けているのも、そんな2人の時間を見つけた結果。

例えば、

忙しい夫との生活では、毎日一緒にお風呂に入ることはできないけれど、週に1回だけでも入浴剤を入れて2人でのんびりお風呂に入る日を決めてみるとか。

月に1度だけ「感謝デー」を設けて、お互いに好きなものを用意して食べるとか。

忙しい夫との生活だと、毎日一緒に何かをするということは出来ない分、時々、日常生活に非日常を取り入れるだけで、幸福度は上がってきます。

SNSでいいな~って周りのご夫婦を羨ましい気持ちで見ている人もいるでしょう。

でも、月1度でも特別な日があれば、羨む気持ちよりも、周りの夫婦をほっこり温かい目で見れるようになるはず。

我が家はのんびり2人で遊びに行くなんてできません。

でも、月に1度は焼肉に行く…!と決めてその日のために頑張っています。それが何よりも楽しいんです。

忙しい夫との新婚生活で気を付けたいポイント

忙しい夫との新婚生活は、想像していたよりも寂しいことが多いと思います。

わたしも一時期、本当に気が滅入ってしまって、毎日が憂鬱でした。

もちろん、今も夫との新婚生活も寂しいと感じることはやっぱりあります。

でも、今は苦しかった昨年とは違って、とても楽しいです。

新婚生活=寂しいだったわたしが、新婚生活=楽しいに変わりました。

そんな忙しい夫との新婚生活で気を付けたいポイントについてお話していきます。

我慢できないときは、新婚生活が寂しいことを夫に伝える

新婚生活を寂しいと感じているのは、妻だけかもしれません。

なぜなら、忙しい夫は自分と妻のために一生懸命、働いてくれているし、休日は疲れて休んでいるから。

ただ、夫自身、少しは寂しい思いをさせているという罪悪感はあると思います。でも、そこに悪気なんて全くありません

生きていくために一生懸命していることが、結果的に妻に寂しい思いをさせてしまうことに繋がっているだけ。

でも、男性ってどうして寂しいのかって、言わないことには分からないんですよね。

だから、わたしは、どうしても新婚生活の中で拭えない寂しい気持ちがあれば、

  • 最近、~という理由で少しだけ寂しい
  • ちょっと構ってもらえるだけで元気になれる

という2点を伝えるようにしています。

夫に構ってもらえるだけで、寂しい気持ちってすっと無くなるもの。

だから、ほんの少しでも夫に余裕が見えたら、話すようにしていますよ。

マッサージをしながら伝えて、ちょっと抱きしめてもらうということもあります。

余裕を見つけた時は、我慢しすぎず、伝えることも大事だと思います。

夫が仕事で忙しいなら、主婦以外の顔を見つけるのも大事

新婚生活が寂しいと感じてしまう新婚主婦のみなさんは、主婦以外の顔を持っていますか?

忙しい夫と暮らして、寂しい新婚生活を送っているという方は特に、「夫が忙しいのに、自分が暇」という人が多いのではないでしょうか。

つまり、新米主婦にとっては新婚生活が夫中心になりすぎて、依存してしまっている人が多いということ。

夫のことが好きというのはとても良いことですし、わたしも夫が好きでたまらない妻の1人です。

だけど、夫のことばかりになってしまうと、どうしても一緒にいない時間に目に行ってしまいます。

わたしはそれで、ずっと苦しみました。

しかし、今は自分のやるべきことが見つかって、気持ちが楽になりました。

新婚生活では夫の帰りを待つだけじゃなくて、夫のいない寂しい時間で何ができるかを探してみてください。

パートをしてみるのもいいし、散歩に行ったり、ジムに行ったり、身体を動かすのも気分転換になります。

ちなみに、わたしは在宅ワークをしたり、こうしてブログを作ってみたり、自分の楽しめるものを見つけました。

CrowdWorksでは初心者でも「WEBライター」の仕事を行うことができるので、オススメです。

(在宅ワークについてはまた後日筆を執りたいと思います)。

CrowdWorks

自分がどう過ごしていくかで、寂しい結婚生活から、忙しい夫と楽しく暮らせる新婚生活に変わっていけますよ。

まとめ:工夫すれば寂しい新婚生活も楽しいものになる

わたし自身、新婚当初からしばらくの間、この生活がいつまで続くのかな…辛いな、寂しいな、嫌だなって何度も思いました。

でも、考え方を変えて行動しているだけで、寂しい新婚生活も楽しい生活に変わったんです。

夫といる時間がより一層、楽しいものに変わりましたし、夫が帰ってきた時間が前よりも特別な時間に感じられます

自分たちの新婚生活を楽しいものにしていくには、考え方はもちろん、自分の置かれている環境で何ができるのかを考えていく必要があります。

気持ちの持ち方と行動次第で、これまでの生活が一変していきますよ。

もう一度、これまでのことをまとめてみますね。

寂しい新婚生活を変えていくには

寂しいと感じる原因
  1. 結婚したら寂しい気持ちが軽減すると思っていたから
  2. 新婚生活はラブラブな生活だと思っているから
  3. 新婚生活は一緒にいるのが当たり前と思っているから
楽しい新婚生活にする方法
  1. マッサージの時間を設けてみる
  2. 夫に対して愛情を尽くす
  3. 2人の時間を工夫して見つける
新婚生活で気を付けるポイント
  1. 寂しいということは夫は伝えないと分からない
  2. 夫が仕事で忙しいなら、主婦以外の顔を見つけるのも大事

少しでも多くの新婚生活が寂しいと思っている女性が、前よりも楽しくなった…!と思ってもらえると嬉しいです。

他にも寂しさを紛らわせる方法として、《7年の遠距離経験から》彼氏と会えない寂しい気持ちを紛らわせる方法があります。

こちらも参考にしてみてください。

https://bottisyuhukao.com/love/how-to-the-loneliness/

ポチっと応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 

ABOUT ME
かお
かお
子なし専業主婦の傍ら、WEBライターをして細々と収入を得ています。夫とは高校生から8年半の交際、そのうち7年間の遠距離恋愛を経て結婚しました。これまでの夫との付き合いで得た経験を元に色んな情報を発信していきたいです…!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です