結婚生活

《新婚さんにもオススメ》家事が面倒くさい主婦の意識を変える本~可愛くなる家事~

かお
かお
こんにちは!かおです♪

主婦の皆さん、毎日、家事お疲れ様です。

みなさんは、終わりの見えない家事に嫌気がさしたり、家事が面倒臭いと感じてしまうことはありませんか?

毎日同じ家事を繰り返し、時には「こんな家事しなくてもいいのでは?」なんて疑問を覚える日もあるのではないでしょうか。

そんな主婦のみなさんにオススメな本が可愛くなる家事

家事が面倒くさいと感じてしまうそんな主婦の「家事が面倒くさい意識」を大いに変えてくれる一冊なんです。

そう言うわたしも、家事が面倒くさいと感じることのある主婦の1人です。しかし、”可愛くなる家事”を初めて手に取って以来、自分の家事のあり方を定期的に振り返るようになりました。

そして、家事が面倒くさいと思っても、ハッと意識を変えることができるようになりました。

今回はそんな主婦の家事への意識を変えてくれる”可愛くなる家事”に関して、

  • “可愛くなる家事”とはどんな本?
  • 家事が面倒くさい”可愛くない主婦”のわたしが変わった点

に関して、お話していきます。

“可愛くなる家事”とはどんな本?


“可愛くなる家事”という本は、家事研究家であり、家事代行サービス「株式会社ベアーズ」の専務取締役の髙橋ゆき先生が執筆した「家事の本」です。

かお
かお
でも、家事が面倒くさいと感じるものぐさ主婦からすると、家事テクニックやノウハウは知るだけでお腹いっぱい

だから、主婦向けの家事の本は面倒くさいに拍車がかかって、敬遠してしまうことが……。

確かに、この”可愛くなる家事”という本でも、おっ?となるような主婦の家事テクニックやノウハウは存分にイラスト付きで描かれています。

しかし、他の家事の本と違うのは、家事を通して自分の中の女性らしさを見つけたい」「夫に愛される素敵妻になりたい」といった主婦の乙女心をくすぐる本ということ。

作者である高橋ゆき先生も、この”可愛くなる家事”という本では、主婦の家事テクニックやノウハウに重きを置いているのではないということを明記しています。

そのため、この”可愛くなる家事”ではテクニックではなく、「家事をどのような気持ちで取り組んでいけばいいのか」といった主婦の気持ち面を大切にしているんです。

まさにこの”可愛くなる家事”という本は、「自分の中にある愛」を家事に反映させて「可愛らしい妻」になっていく主婦のハウツー本と言えるものなんです…!

“可愛くなる家事”は読みやすい?オススメの読み方は?

この”可愛くなる家事”は、イラスト担当のヤマサキミノリさん(@YOCOJIWA)の私生活をもとに、髙橋ゆき先生が愛に溢れた家事方法」を教えていくイラストエッセイ形式の本です。

ミノリさんは家事が苦手なものぐさ女子なんだそうです。そんな彼女に対し、ゆき先生が可愛らしくなるための家事のポイントをズバズバお話しています。

かお
かお
時に、そこまで言う!?っていう発言も散見してます(笑)

そして何より、エッセイ調のイラストでは、ゆき先生の教えが散りばめられているおり、読書は苦手という方にも、とても読みやすい本だと言えます。

とはいえ、家事の本ということもあって、プロの細かい掃除のやり方まで載っています

でも、家事が面倒くさいものぐさ女子からすると、家事のノウハウって読むのが疲れるし、それをすることも面倒くさい…。

だから、そんなものぐさ女子の方々は、家事のコツではなくて、家事の意識を変えていくところを中心に読むのがオススメです。

視覚的に情報を得ることができる本なので、サクサクと読み進められますし、時間がない方もササっと読んで「家事への意識」を養うことができますよ。

かお
かお
わたしは家事は面倒くさいという意識を変えられる意味で、この本が必須アイテムになってます。

“可愛くなる家事”の見どころは何?

この”可愛くなる家事”の見どころは、先ほどから何度も言っていますが、「主婦の家事への意識」を変えてくれる言葉と考え方の数々です。

かお
かお
家事が面倒くさいとなっている人は愛で力低下してるサインかも…って言葉を見てひぃぃってなりました。

そんな”可愛くなる家事”には以下のようなコンテンツ内容が書かれています。

  • 愛をプレスするアイロン
  • 気持ちを上げるお洗濯
  • 美しさを光らせる洗面所
  • 舞台としてのキッチンづくり etc…

ちょっと変わった計10個のコンテンツに、わたしは最初、戸惑いを隠せませんでした。

しかし、読んでみると気が付きます。家事は自分のためにするものではないということに。

そして、「家事は女の所作を磨くもの」というゆき先生の考え方を知ることで、女性は「家事で所帯じみていくのではなく、「家事で女性は可愛らしくなっていく」と感じます。

ついつい面倒くさいと逃げてしまいがちな家事に対して、ちょっと心を入れ替えて家事を頑張ろうかな~という気持ちにさせてくれるのが”可愛くなる家事”。

家事のテクニック本というよりも、家事のあり方を見直すことができるという点に私は魅力を感じています。

かお
かお
それと…夫をいい男にするポイントもところどころ、載っているから、これまた素敵!

“可愛くなる家事”はこんな方にオススメ

あれこれ言ってきましたが、”可愛くなる家事”をオススメしたいのは、以下の方々。

  • 家事がとにかく面倒くさい主婦さん
  • 新婚当初は家事を頑張っていたけど、今は適当気味な主婦さん
  • これから結婚を控えているプレ花嫁さん

とにかく、髙橋ゆき先生が「可愛くない家事」から「愛の溢れた可愛らしい家事」を教えてくれます。

そして、家事が得意で好きという方でも、”可愛くなる家事”を通して「自分の家事のあり方」を今一度、見直すことができるはず。

愛のある家事をして、これまで以上に夫婦円満な家庭を築けること間違いありません。

また、家事テクニックやノウハウも載っているので、この家事ってどうしたらいいんだろう?なんていう、家事初心者さんの疑問も解消することができますよ。

家事が面倒くさい”可愛くない主婦”だったわたしが変わった点

実は、わたし自身、主人公のミノリさんと同じくものぐさ女子です。

この”可愛くなる家事”では、ものぐさ女子に対して、グサっと突き刺さるような言葉が散りばめられています。

ゆき先生からの容赦ないダメ出しに、自分の家事のあり方ではだめだ!という意識へと持って行ってもらえるんです。

本を読み終わる頃には、わたしは全くもって夫にとって「可愛くない主婦」だったということにハッキリと気が付かされたんですよね。

そこで、この”可愛くなる家事”で、わたしが変わった点を少しお話していこうと思います。

夫への感謝の気持ちを込めて丁寧な家事をするようになった

夫と同居してすぐの頃は、わたしも部屋中を磨かねば…!という意識で家事をしていました。

でも、家事ってどうしても、毎日のルーチンワークで、来る日も来る日もやってくるもの。そのうち、どうせ毎日してることだし、面倒くさいから手抜きでもいいや…と、適当に家事を済ませてしまうことも増えたんです。

でも、”可愛くなる家事”を読んだことで、家事は仕方がなくするものではなく、「家族への愛を込めるもの」という大切な部分が、わたしの中から抜け落ちていることに気が付きました。

かお
かお
夫は仕事が面倒くさくても、否応なしに頑張ってきてくれているのに、なんていう気持ちで、家事をしていたんだろう…と、自分が恥ずかしくなりました…。

それからは、「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」という気持ちを込めて、家事を丁寧に、優しい気持ちで行えるようになりました。

家事をするときの服装が変わった

“可愛くなる家事”の中には、可愛い家事と可愛くない家事がイラスト付きで描かれています。

家事や掃除となると、家にいるからと身だしなみに手を抜きがちだった私は…まさに、可愛くない主婦。

家事に対する考え方も可愛くなかったうえに、見た目まで可愛くないなんて…!とゾッとしました。

このままでは、家事をすればするほど、所帯じみて可愛げがなくなってしまう…!と、それ以来、家事をするときの服装は変わり、気が乗らない家事も楽しくなってきました。

かお
かお
家にいるからこそ、綺麗な恰好をして気分を上げることが大事だなと、今では本当に思います。

家事を面倒くさいと思ったら、夫の笑顔を思い出すように

それでも、やっぱり時々、家事を面倒くさいな…と感じてしまうのがものぐさ女子。

でも、この”可愛くなる家事”を読んだからこそ、面倒くさいと感じるたびに、夫の笑顔を思い出すようになりました。

何故なら、”可愛くなる家事”を読んで、「家事=面倒くさい」ではなく「家事=夫と幸せを築くもの」という構図がわたしの中にストンと落ちてきたから。

そのため、家事が面倒くさいと思った時は、「家事は夫の笑顔のためにするもの。面倒くさいものじゃないんだよ」と、ものぐさな自分に喝を入れられるようになりました。

かお
かお
面倒くさいという言葉で片付けるのではなくて、夫が外で仕事を頑張ってくれるように、わたしも夫のために頑張ります。

《まとめ》”可愛くなる家事”は家事が面倒くさいという主婦の意識を変えることができる

ここまで、あれこれお話してきましたが、わたしにとって、“可愛くなる家事”は大いに自分の中にある家事のあり方を変えてくれた本だと言い切れます。

ものぐさゆえに、家事が面倒くさいと感じることは…まだあります。

でも、とにかく面倒くさいと感じていた家事への考え方を、違う形に養うことができるようになったのは、わたしにとって大きな成長です。

夫からいつまでも「可愛い奥さん」と愛でてもらえるように、わたしは今日もこの”可愛くなる家事”と共に頑張っていきたいと思います。

主婦のみなさんも、家事が面倒くさいと感じてしまった時に、この”可愛くなる家事”を手に取ってみてはいかがでしょうか。

きっと、自分の中で家事のあり方が少しずつ変わってくるはずですよ。

かお
かお
家事に対する考え方を変えてくださった、ゆき先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

以上、可愛くなる家事という本のレポートでした~。

ABOUT ME
かお
かお
子なし専業主婦の傍ら、WEBライターをして細々と収入を得ています。夫とは高校生から8年半の交際、そのうち7年間の遠距離恋愛を経て結婚しました。これまでの夫との付き合いで得た経験を元に色んな情報を発信していきたいです…!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です